ゴマ

 すりゴマやキナコが体にいいという事は知っていたの
ですが、毎日継続的に摂取する方法がわかりませんでした。
すりゴマを味噌汁に入れてみたのですが、いまいち味がねぇ
という感じで・・・キナコに至っては、味のしない粉のよう
なものですから。
 で、ある時、何かの本に「パンに塗れ」と書いてありまし
た。「なるほど、こりゃいいわい」と思い、早速小匙一杯分の
「すりゴマ・キナコブレンド」をトーストの上に乗せ、マー
ガリンと一緒に塗りこんでみました。ハムを乗せて、ゴマ風味
のハムトーストが完成。美味でした。今では毎日の朝食に
欠かせない「ゴマキナコ」です。
 けれど、マーガリンが体にいいのか悪いのか、いまいち
よくわからないので、皆様にお勧めはしませんけど・・・・
 
 ゴマは古代エジプトの時代から、食用や灯油、香料として
用いられてきました。古代ギリシャでは「ゴマケーキ」や
「ゴマワイン」がありました。日本でも縄文時代後期の遺跡
から出土しています。私の家の近所では「ゴマシュークリーム」
を売っています。美味いです(^o^)/゛(^o^)/゛
 平安朝の医学書「医心房」には、「不老長寿の丸薬・頭の
老化を防ぐ妙薬」と紹介されています。確かにゴマの成分・
ゴマグナリンは血液の循環を良くする抗酸化物質ですからね。
主成分であるリノール酸やオレイン酸は、コレステロール値
を下げ、免疫機能を高めるそうです。小さいけれど、すごい
ヤツなのですね。大さじ一杯・約10グラムが摂取量の目安
だそうです。
【健康コラムの最新記事】
posted by kyomaro at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。