腸内環境正常化

・ストレスは大敵

ヨーグルトは腸内の善玉菌を増やして、便秘やダイエットにも
効果的という、なかなか優れものの健康食品です。
 腸内環境の最大の敵は「ストレス」です。心配事や
トラブルなどが重なると、腸蠕動(ちょうぜんどう)が
止まったり、胃酸や腸液の分泌が悪くなったりします。
また、ウエルシェ菌や大腸菌などの悪玉菌が優勢になり、
毒素を含んだガスが腸内にたまって腸管を傷つけたりします。
 悪玉菌はアンモニアや硫化水素、インドール、スカトール
などの臭気ガスを発生させます。もしおならや便が臭く
なったと感じたら、腸内環境要注意のシグナルだと思って
ください。
 大人の場合、1日約400〜1200ミリリットルの
おならをするそうです。その成分は窒素ガスや水素ガス、
メタンガス、二酸化炭素で無臭性のものがほとんど。
明快で元気な「ボーン」というおならは、直腸や肛門が
健康な証拠なのです。


・腸内チェック

・いつも眠いか、目覚めていてもぼんやりしている
・吹き出物が出やすいとか、肌荒れしやすい
・体がだるいとか、疲れやすい
・おなかが張る感じとか、便秘がち
・手足がむくみやすい

 などという症状の人は要注意です。
 チェック項目が多いほど、腸内が痛んでいます。


・腸内大掃除

 医食同源の中国で、腸内ガスを抜く食品として知られて
いるのが胡麻」です。ほかには「ハトムギ」。老廃物を
体外へ排出して、代謝を促進させる働きがあります。
ハトムギ茶は肌を内側からスベスベにする効果があります
から、おすすめですね。
 イモ類や豆類には、食物繊維が多く含まれています。
食物繊維はコレステロールや有害物質を吸着して、
便として排出してくれる腸の掃除屋です。腸内をすっきり
させて、「快腸」にいきたいものですね。

【健康コラムの最新記事】
posted by kyomaro at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。